5分で解決!Contact Form 7で「メッセージの送信に失敗しました」と出た時の解決方法

ライフハック
この記事は約6分で読めます。

 

あまみべこ
あまみべこ

こんにちは。あまみべこ(@ammbeko)です。

先日Googleアドセンスに3度目の申請をするもあえなく不通過。修正するところはないか探っている際にコンタクトフォームで送信エラーが出ていることがわかりました。

 

いろいろ調べて、何とか修正することができましたので、今回はその内容をまとめたいと思います。

☞解決のポイント
・reCAPTCHAのバージョンを変更する。

・Invisible reCAPTCHA for WordPress を導入する。

 

 

Contact Form 7で「メッセージの送信に失敗しました」とオレンジ枠で出た時の解決方法

エラー原因の確認

Contact form 7でのエラーには赤い枠とオレンジ枠で出るものの2種類があるようです。

今回私のサイトで出たのはオレンジ枠で、下記のようにエラー文が出ました。

「メッセージの送信に失敗しました。後でまたお試しください。」

オレンジ枠だとなんなの…?と検索すると、ざっくり下記のように出てきました。

オレンジ枠の場合はreCAPTCHAのバージョンで不具合が起きている可能性がある。
v2からv3に変更する。

 

reCAPTCHAってなに?となった方も大丈夫です。(私もなりました)
reCAPTCHAとは、正式には「Google reCAPTCHA」で、詐欺や悪用などのスパムからサイトを守る働きがあります。Contact Form 7のプラグインをしたときに(おそらく)一緒に設定したのかな…

ひとまずこのケースでの原因は「reCAPTCHAのバージョンが違う」もしくは「reCAPTCHAの何かしらの不具合」だと考えられます。

バージョン、セットアップの状態は「お問い合わせ」→「インテグレーション」→「インテグレーションのセットアップ」で確認してみましょう。

 

Google reCAPTCHA でキーを取得する

上記を確認し、Google reCAPTCHA にてv3の設定がまだの方、もしくはセットアップしてない方は、サイトキー(Site Key)とシークレットキー(Secret Key)を取得する必要があります。

キー取得の手順

Google reCATCHAのページにアクセスしましょう。

①「V3管理コンソール」ボタンをクリックします。

②新しいサイトを登録するには「+」マークをクリックします。

 

③下記の通り入力します。

  • ラベル:複数のサイトを登録する場合の識別用(わかりやすいようなものを自由につける)
  • reCAPTCHAタイプ: 「reCAPTCHA v3」を選択
  • ドメイン:設定したいドメインを入力。(サブドメインが設定されている場合は、サブドメインも自動的に登録対象になります)
  • オーナー:自動的にログインしたGoogleアカウントのメールアドレスが表示されています。

④利用条件に同意し、「アラートをオーナーに送信する」にチェックが入っていることを確認し「送信」ボタンをクリックしてください。

 

⑤サイトキーとシークレットキーが表示されます。あとで使うので控えておいてください。

 

キーの反映

 

WordPressに戻りreCAPTCHAのバージョンを確認した際と同じく「お問い合わせ」→「インテグレーション」→「インテグレーションのセットアップ」とクリックしていき、下記画面を表示させます。

先ほど控えたキーを入力し、「変更を保存」をクリックします。

 

あまみべこ
あまみべこ

これでreCAPTCHAのバージョンアップ、セットアップが完了です!

実際に自分のサイトの問い合わせページからメッセージが送信されるかテストしてみてください。

もしまだ先ほどと同じくオレンジ枠でエラー文が出ているようであれば次の手に移ります。

 

 

 

プラグイン 「Invisible reCAPTCHA for WordPress 」にreCAPTCHAの管理を変更する

上記手順を踏まえてもエラーが解決しないようであれば、原因は「reCAPTCHAの何かしらの不具合」かと思われます。その場合は「Invisible reCAPTCHA for WordPress」というプラグインを入れて、reCAPTCHAの管理をこちらに変更してみましょう。

私の場合は一つ目のやり方では改善されず、このやり方を試したところ無事メッセージが送れるようになりました。

ではさっそく手順を見ていきましょう。

※事前準備「Contact Form 7」 で reCAPTCHA を既に設定している場合はキーを削除する

一つ目の手順から行っている方、または以前にセットアップした設定が「Contact Form 7 」に残っている場合は、設定が重複してしまいます。事前に上記の画面でサイトキーとシークレットキーを削除しておいてください。(既に設定してある場合、画像の「変更を保存」の箇所が「キーの削除」になっているのでそれをクリック)

開き方は「お問い合わせ」→「インテグレーション」→「インテグレーションのセットアップ」です。

プラグイン 「Invisible reCAPTCHA for WordPress 」の設定手順

①ダッシュボードから「プラグイン」→「新規追加」でキーワードに
【Invisible reCAPTCHA for WordPress】と入力し、インストールします。

②インストールしたら、忘れず有効化しましょう。

「設定」→「Invisible reCAPTCHA」が追加されていますのでクリックし次に進みます。

③まず「設定」のタブで下記の通り設定します。

  • サイト鍵:「サイトキー」を貼り付ける
  • 秘密鍵:「シークレットキー」を貼り付ける
  • 言語 : reCAPTCHAの表示言語の設定。「自動判別」を選択する。
  • バッジ位置:reCAPTCHAのバッジをどこに表示させるかの設定。
    「右下」「左下」「インライン」より選択。インラインはサイトのページに埋め込まれるので邪魔になりません。

④「変更を保存」ボタンをクリックし次に進みます。

⑤次に左側のタブを「問い合わせフォーム」に切り替えます。「Contact Form 7の保護を有効にする」にのみチェックして「変更を保存」ボタンをクリックしてください。

 

あまみべこ
あまみべこ

以上でreCAPTCHA管理の変更が完了です!お疲れさまでした!

 

サイド問い合わせフォームの確認をしてみましょう。ちなみに上記手順で行うと、こんな風に邪魔にならない位置(インライン)で表示されています。

このプラグインを使うと、reCAPTCHAロゴの表示も問い合わせページのみになりますのでサイトもスッキリして一石二鳥ですね。

 

さいごに

せっかく設定した問い合わせフォームが使えなくなると、焦りますよね。

今回の記事でご紹介した内容は、調べるのには時間がかかりましたが作業自体はすごく簡単で5分もあれば改善することができました!
オレンジ枠のエラーメッセージが出てお困りの際は是非試してみてくださいね~。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました