会社やめてイラストレーターになりました!これからどうするの?経緯と今後について

スポンサーリンク
イラスト
この記事は約6分で読めます。

こんにちは!べこです。(@ammbeko)

実は私…

 

会社を辞めました!

 

社会人になってから早7年、イラストと関係ない会社に勤めてきたのにどうして今更?

ホントだったら「長年の副業が安定してきたから~」とか、「どうしてもやってほしいという依頼がきて~」とかかっこいい理由を言いたいところですが、それ系の理由はありません!

タイミングがちょうど今だったからです。

今まで夢にする前に諦めていた気持ちや、会社の状況や、家庭のこと、すべてが絡み合ってちょうど『動き出すなら今だ!』となりました。

なので実績もあても正直何もありません笑

 

でも一つ言わせてください!

 

今、この瞬間が生きてきて一番前向きな気持ちです~!!

 

 

 

「イラストに関わる仕事がしたい」という気持ちに蓋をする

今回決断をした経緯を少しお話させて頂きますね。

私が「イラストに関わる仕事」に進むことを考えたタイミングはこれまで2回あります。

1回目は小学生時代、2回目は大学進学時です。

きっかけは小学生時代

小さいころから絵を描くことが大好きで、朝から晩まで「おえかきせんせい」(磁石で描いたり消したりできるおもちゃです)で絵を描いていました。

ある時、ともだちと雑誌にイラストを送ることにハマッたことがあったんですよね。ハガキに直で描いて送る、今や懐かしい文化です…。いくつも送っていると、審査員特別賞?に選ばれたと連絡がきました。え~なに怖い…とビビりましたが言われるままオフィスに向かうと、これでもかってくらいめっちゃ褒められたんです。

多分今思えばスクールへの勧誘が目的の内容だったと思うのですが(子供ながらにそれは言い過ぎだろ…と思うようなレベルだったので)やっぱりなんだかんだその気になった私は、『イラストレーターになりたいなあ』と、卒業文集の「将来の夢」に書くようになっていました。

 

夢より現実をとった大学受験時代

『イラストに関わる仕事』について考えた2回目のタイミングです。

中、高校と絵を描いてはともだちと交換する生活を送っていました。ですが進路を決める際、もらった進学候補の学校一覧を見て、デザイン系や芸術系の学校に進む選択肢は早々に消してしまったんです。理由は簡単。「学校に行ったって、イラストで食べていける人なんてどうせ選ばれた人たちなんだろうな…」と挑戦する前から諦めてしまったからです。

正直言うと、ここでの選択、後悔しています!

学校に行ったって確かにすぐにやりたい仕事ができるとは限らないと思います。でも、illustratorやPhotoshopの使い方、デザインの基礎など1から学べる時間や環境が与えられているのってすっごく大きいと思うんですよね…。その知識と経験があるだけでもアドバンテージなのに、私は最初から諦めて、『確実に食べれる』スキルが身につくと(その時は)思った学校へ進学しました。

 

仕事をしながら趣味でつづけたイラスト投稿

その後は当然イラストとは全く関係ない会社に就職し、仕事をしながらイラストや漫画投稿をしていました。

時には自分のサークルで出す新刊と、アンソロ(複数人参加の合同誌)に寄稿するものを交互に描いて、3カ月ほど仕事と漫画描く以外をやっていないヤバイ時期もありました笑 でも好きな作品の為に全力を注げて、絵もたくさん描けていたのでこの時期もすごく楽しかったです。

ただ、結婚後引っ越しの為転職した2社目では距離が遠くなったことと、業務量の関係からイラストにかけれる時間がかなり少なってしまいました。一度描く習慣がなくなってしまうと、描きたい!って意欲も比例してなくなっちゃうんですよね。それでも、定期的にともだちからの依頼やプレゼントで絵を描いて、「あ~イラストを描くのって楽しいな~」と思い出してはまたイラストから離れ…を繰り返す毎日でした。

 

責任と時間に追われる会社勤めのストレス、推しの影響

時間に追われ、どんどん増えていく業務負担で神経をすり減らす日々。そんな時ハマったのが舞台観劇です。(青汁のCMじゃないです)

それまでノータッチだった2.5俳優の舞台(アニメや漫画が原作の舞台)で推しができ、あれよあれよという間に沼に落ちていった次第です。はまってすぐにコロナが流行ってしまい、会社もバタバタでけっこう(いやホントに)大変だったんですが、自粛中も推しが何か発信するたびに「推しが元気に頑張ってんだから私も頑張ろう~!」と元気をもらえていました。先の予定にイベントや配信、舞台があることで超頑張れるんですよ。

そして思いました。推しはこんなにいろいろなことに挑戦しているのに、私は一度も挑戦せずにいていいのかって。

 

決意から退職まで、これからは?

冒頭で『今まで夢にする前に諦めていた気持ちや、会社の状況や、家庭のこと、すべてが絡み合った』と言いましたが、それもあり退職の相談をしてからは思ったよりもスムーズに話が進みました。(たまっていたストレスが一気に体調にきたのもあります)

ただ、もしこの記事をこれからイラストレーターを目指す方が読んでいるとしたら、このやり方は本来オススメできるものではないことを念頭に置いて聞いていただければと思います。

フリーでやっていくためには「副業」という形で、「やりたいこと」で稼いだ収入がある程度安定してから今の仕事を辞めるのが定石だと思います。私の場合はストレス面の都合でこのタイミングになりましたが、逆に現在実績0の状態からフリーイラストレーターを始めるとどうなるのか?というのを実験的な側面からも発信していけたらと思います笑

あまみべこ
あまみべこ

もし興味がある方は是非今後もブログやSNSを覗きにきてくださいね✨

 

今後の目標・やっていくこと

まず、今後の目標をここで宣言したと思います!それと、やっていくことも一緒に…。

半年の目標(10月まで)
  • 月収15万にする!
  • SNSのフォロワーを1000人にする!
やっていくこと
  1. ブログの更新頻度を上げる!(週に3記事)
  2. 絵を毎日描く!
  3. ポートフォリオを作る!
  4. Twitter、Instagramを毎日更新する!

 

まずはシンプルに!10月どうなったか結果をまとめますね✨

 

最後に

大学受験時の選択で少し後悔のある私ですが、反面、今の選択をしてよかったと思う部分もあります!

進んだ短大で出会った友人や、社会にでたあとに学べた知識やスキルは、今の選択をしていなければ出会えませんでしたからね。

20代、30代、40代、それ以上の方で何かに挑戦したいけど今更…って思っている方、たくさんいると思います。でも、何かに挑戦するのに遅すぎるなんてことはありません。逆に周りとは違う経験を詰めていることを自信に変えて、「一歩」踏み出してみてくださいね✨

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

少しでもあなたの勇気になったら嬉しいです。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました